MENU

意外なことに車内の匂いも査定に関係する

どんな匂いがいけないのか

車の中の臭いは本人や家族はいつも乗っているのでなかなかわからないものです。
別の人が乗るとはっきりとわかるものです。自分たちはなれていて気にならない臭いでも、他の人にとっては気になる臭い、不快なにおいとなってくる場合があります。
なのでプリウスの査定時には臭いもチェックされるのです。もっともいいのは無臭の状態です。

 

しかし何年も乗っているプリウスであれば、当然タバコや汗などが不快なにおいとなって車内に吸着してしまっています。
また意外に気づかないのが車の香水です。これは自分が気に入っているから他の人にとってもいい匂いだと思っていたら大間違いです。
他人の車に乗った時に香水の匂いがきつ過ぎて具合が悪くなるという人は結構います。自分の車にいつも香水を使っていた人は査定のマイナスポイントになることもあるので要注意です。
それともう一つはペットの臭いです。これは自分はほとんど気づかない臭いですが、他人にはわかる不快なにおいの代表格です。
ペットを車に頻々に乗せている人も査定前に消臭しておくようにしたいですね。

 

 

車の匂い消す方法

それでは次に匂い消すための方法ですが、それほど強烈な臭いでなければおススメしたいのが、重曹を水に溶かして直接シートやフロアマットにスプレーしてそのまま1週間ほど放置してその後に掃除機で吸い取る方法です。
これはお金も手間もかからないのにもかかわらず効果があるのでお試しください。もしこれでも臭いが取れないようであれば車やペット専用の消臭剤を使ってみてもいいでしょう。
あたスチームで消臭と除菌ができるものも出てきていますので、なかなか臭いが取れないときはこういったものも使ってみるとよいかもしれませんね。

 

それともう一つ忘れがちなのがエアコンです。
エアコンは車の中の空気を循環させているので、車内の嫌な臭いがエアコン内にもついてしまってそれが原因で嫌な臭いが取れないということもあるかもしれませんので、エアコンの消臭と除菌も忘れずにやりましょう。
専用のクリーニング剤がホームセンターやカー用品店に売っています。

 

関連ページ

ファミリーカーの査定で気を付けること
プリウスなどはファミリーかの部類に入りますが、こういった車種はどんな点に気をつけて売れば、あるいは査定に出すとよいのでしょうか。そういったことについて説明しています。
車の内装はもちろん外装をきれいにしておけば査定が良くなる
車の外観や内装も査定に影響するポイントです。つまりこういったところを良いコンディションにしておけばより高く買取をしてもらえる可能性が高まるわけなんですね。
店頭持ち込みが面倒なら出張査定を利用
査定を受ける場所も意外に査定額に影響を与える場合があるものなんです。通常や店舗にもって行き査定を受けることが多いかもしれませんが、最近は担当者が自宅まで来て査定をしてくれることが多くなっています。