MENU

トラブルを防ぐために

車を手放す人が買取業者に偽って報告することで、契約後のトラブルに発展してしまうこともあります。
めったにないことではありますが、実際には走行メーターを戻している車を偽って売却したとか、事故車で修理をしている車を修復歴なしと偽って報告した。
手放す当の本人は、こんなことはわからないだろうと思ってうそをついているようです。そして査定の時にも幸か不幸か査定士に気づかれることがなく、そのまま売買契約が成立してしまいました。
がしかし、その後に業者で詳しくその車について調べた結果、前述のような不正が見つかってしまったという事例が実はあるのです。
こういった場合はどうなるのでしょうか?
おそらく買取業者の方から、売買契約の解除を言い渡されるはずです。
手放す本人が偽って車を売却をしたのですから、これは当然と言えば当然ですし、さらに業者としても買取のために経費や手数料などもかかっていますから、契約を解除したとしても業者にとっても損害を被ってしまうことになります。
当たり前のことではあるのですが、誤魔化しは絶対にいけません。

 

またこれとは逆に、自分の知りえない把握していないことが理由で業者から契約の見直しを迫られてしまった場合です。
これもこちらが全く身に覚えのない修復歴や走行メーターの巻き戻しなどを業者側から指摘された場合です。
この場合はあなた自身全く身に覚えないのですから、そのことを正直に伝えましょう。それでも相手側は頑として譲らないのであれば、口頭ではなく実際の証拠になる書類などを提出してもらい専門家に相談してください。
このようなトラブルは通常はほとんどないことではありますが、万が一のためにも覚えておきましょう。

関連ページ

悪徳業者に注意
悪徳業者というのは、どこ〜どこまでがあるのか、その線引きが難しい場合がありますから、そういった業者の手口に騙されないためにも、必要な知識を得ておくことが大切です。
赤ちゃんや子供が乗っていた車を売却するとき
赤ちゃんや小さな子供がいる家では、車の内装が何かと汚れしまうことも多いはずです。将来的に下取や買取をしてもらうことを考慮するなら、難しいことでしょうが、なるべくきれいな状態を保つことが大事ですね。