MENU

車の買取業者にも悪い業者が存在します

悪徳業者の存在

車の買取をしている業者には、悪徳と言われるような業者が存在している可能性があります。
そういった業者に騙されないためにどんなことに注意をしたらよいのでしょうか。
こういった業者は、偽りを言ったり法律を破ったりしながら相手をだまして利益を得ている業者です。

 

悪徳業者自体も私たち以上に人をだまして利益を上げるためにはどのようにしたらいいのか知識や方法を勉強しているものです。
なのでちょっと油断していると、そのような業者の罠にはまってしまうことだって絶対ないとは言い切れないのです。
ですが、こういった業者も私たちがちょっとした心がけや注意をしていれば、この業者はちょっとおかしいと気づくことができるはずです。

 

トラブルに合わないために

まずこれらの業者がよく使う手口として知られているのが、ゼロ査定といった方法です。
これは、車の査定の時に「買取金額は0円です」と言ってくる業者です。つまり廃車にするしかないので買取はできませんというものです。
それを聞いてほとんどの人は、自分で廃車手続きにするのは方法も分からないし、難しそうだからこの業者に依頼するしかないなと思ってしまうのではないでしょうか。
実際は廃車手続き自体はそれほど難しくなく時間もかかりません。やろうと思えばいくらでも自分でできるものです。
そこで悪徳業者ではただ買取した車を数十万円で売ってしまうというものです。もちろん廃車の手続きもしていません。
もし信頼できる業者であれば仮に査定ゼロで廃車手続きの代行をしたのなら、自動車税や重量税などの還付金の振り込み手続きをしてくるはずです。

 

悪徳業者に騙されない一番の防衛策は、自分の車の売却相場を事前に知っておくことです。これはインターネット買取査定査定で簡単に調べることができます。
また1社だけでなく他にも数社から査定の見積もりをしてもらうことです。そうすれば悪徳業者であればここは何かおかしいと感づくはずです。

関連ページ

ウソやごまかしはトラブルの元
車の売買では万が一のトラブルも行いとは限りません。でも自分の心がけ一つでそういった不測の事態を避けることもできます。むしろそうすることでトラブルに会わないで済むことでしょう。
赤ちゃんや子供が乗っていた車を売却するとき
赤ちゃんや小さな子供がいる家では、車の内装が何かと汚れしまうことも多いはずです。将来的に下取や買取をしてもらうことを考慮するなら、難しいことでしょうが、なるべくきれいな状態を保つことが大事ですね。